サイトマップ
みなさんこんにちは絵文字
動物看護師の市川です絵文字

徐々に気温が低くなってきましたね。
我が家は朝起きたら暖房のスイッチを押すところからはじまります絵文字

寒くなってくると「もう蚊はいないから飲まなくてもいいかな?」と思ってしまうのがわんちゃんのフィラリア症予防薬。
「予防薬」というと「蚊に刺されないようにするお薬」や「効果が1ケ月持続するお薬」と誤解を招くかもしれませんね。
フィラリア症予防薬は「体内に入って一ケ月後の幼虫を駆除するお薬」です。
つまり、フィラリア幼虫が発育して心臓や肺動脈に辿り着く前に駆除する「駆虫薬」です。

どういうことなのか?
例えば10月に蚊に刺され、フィラリアの幼虫が入り込んでいたとします。
11月は気温も低いし、お薬はもういいかな~?とお薬をやめてしまうと・・・この幼虫は駆除されずに脱皮を繰り返しながら発育し・・・次の年には心臓・肺動脈に成長した犬フィラリアが住み着くことになります絵文字絵文字

蚊は15℃以上あれば活動します。
なので、11月下旬、12月まではしっかりお薬を飲ませてあげましょう絵文字
そして、来年の春(5月頃)にフィラリアが本当に寄生していないかを確認してからまたお薬を始めましょうね絵文字絵文字

ノミ・マダニに関しては、数は減りますがゼロにはなりません。
冬でもエアコン・加湿器などの使用により年間を通して環境が良いのでノミは年中繁殖できます。
そのため当院では年間を通しての予防を推奨しています。







さーて、今週のりんごちゃんです(注:↑の記事とは何の関係もありません絵文字

画像 ドキドキ

↑ケージの隅っこに入り込んでしまいました絵文字
原因は・・・・・・

画像 キターーーー!!!

天敵現る(←2歳・何でも触りたい年頃)

りんごちゃんは基本、院長にしか懐いていません。
スタッフにも他人行儀です。調子こいてナデナデすると怒られます絵文字
2歳児が遊ぼうなどと、あり得ない話です。

画像 なんなのあの娘、親は何してるのよ(-_-メ)

でも、怖いもの見たさからか出てきては追いかけられ、隠れる、出てくる、逃げる、を繰り返していました絵文字
仲良くできる日は来るのでしょうか・・・?

こんにちは!トリマーの川上です絵文字

みなさまは愛犬をトリミングへ連れて行く時、
何を重視してトリミングサロンを選びますか?

ワンちゃんにとって全身をケアしてもらうトリミングはとても疲れるものです。
移動時間の短い近所のサロンがおすすめです。
ワンちゃんとサロンとの相性も考えて決めましょう!

さて、トリミングサロンには大きく三つのタイプがあります。

・トリミング専門サロン(ペットショップ含む)
・動物病院付属サロン
・専門学校のカットモデル


私の経験を踏まえて、
それぞれの特徴を紹介致します!

①トリミング専門サロン
オプションサービスが充実
予約が取りやすい
こだわりのカットに対応

デメリット:多くのワンちゃんが集まるので、
ワンちゃんが苦手な子にはつらい

②動物病院付属サロン
皮膚疾患に対して積極的にサポート
施設が清潔で衛生面で安心
個々の性格や体調にきめ細かく対応

デメリット:予防接種などの制約がきっちりしていて、予防出来ていない場合
期間や初期費用がかかる

③専門学校のカットモデル
何より安く、定期的に通いやすい
犬好きの生徒さんに囲まれ可愛がってもらえる
講師が仕上げてくれるので技術面はカバー

デメリット:何時間も拘束される事になるのでワンちゃんの負担が大きく、怪我のリスクも考える必要がある。

もちろん全ての施設がこれらに当てはまるとは限りませんが
参考になれば良いなと思います。
ちなみにあすなろは②のタイプで
患者さんへのサービスの一環としてトリミングを行っています。


私が何より大切だと思うのは、
「ワンちゃんが気持ちよく通い続けられる事」です!
ワンちゃんが快適なトリミングライフを過ごせますように!

こんにちは!
動物看護師の市川です絵文字
大変ご無沙汰しております(汗)
最近ずーっと雨でしたね絵文字10月ってこんなに雨降りましたっけ絵文字
雨が止む頃には紅葉が綺麗でしょうね絵文字楽しみです絵文字

画像
台風一過の青空に虹が架かっていました!

冬に向けてインフルエンザのワクチン接種もはじまりましたね。
子ども達も早速一回目を受けてきました絵文字
ワクチンを打ったからといって100%予防できるわけでなく、打ってたのにかかっちゃったー絵文字という事はあります。
じゃあ、打っても意味ないよね?というわけではなく、症状の軽減や命を落とす重症化を防ぐことを期待して我が家は毎年打つことにしています絵文字

ワンちゃんネコちゃんの場合はどうでしょうか?
「お家から出ないから」や「もう歳だから」ワクチンはやめておくという声を聞くことがあります。
法律で義務とされている狂犬病予防注射は毎年打っているが、混合ワクチンは赤ちゃんの時以降打ってないとおっしゃる方も多いです。
混合ワクチンは義務ではなく任意なので、打つか打たないかは飼い主さんに決めてもらうことになります。

欧米では三年毎のワクチンが推奨されていて、日本でも将来的には三年毎になるかもしませんが、現段階では一年毎が主流です。
日本では欧米より全体のワクチン接種率が低いためウイルスの蔓延状況の違いがあることや、取り扱いのワクチンの種類が異なる事、また、三年毎のワクチン接種で必ず抗体が継続するか否かということが実際には確かめられていないという事が理由にあるようです。
ワクチン持続期間は個体差がありますし、全く外に出ない子は逆に伝染病に対する免疫が弱い可能性があります。老齢でもトリミングやホテルなどでわんちゃん達が集まる場所に行くこともありますね。
それでももし、老齢で副作用がご心配な場合は一年毎に血液検査で抗体を調べてみて、抗体がどのくらい上がっているかを確認して判断してみてはいかがでしょうか絵文字

ネット等での片寄った情報で大切なわんちゃんねこちゃんの健康を脅かすようなことのないよう、ワクチンのことで何か質問やご相談があれば、あすなろスタッフまでご連絡くださいね絵文字

こんにちは!トリマーの川上です。

最近、爪切りのご予約をたくさんいただき
リピートして頂くワンちゃんも増えているので
今回は爪切りのお話をさせていただきたいと思います!

みなさんは、愛犬の爪切り、どの位のペースで
どのようにされていますか?

カットやシャンプーの為定期的に
トリミングへ通っているワンちゃんの場合は
トリマーに任せている事が多いと思います。

トリミングへはあまり通わず、ご自宅で
ケアされている場合はどうでしょうか?

爪の伸びるペースは、ワンちゃんの体重・歩き方・散歩の回数・年齢
によりかなりバラつきがあります。

小型犬の場合、爪先がとがり少し曲がってきた頃が
爪切りが必要なサインです!
中型犬~大型犬の場合、狼爪(前足の親指の爪)
を見てチェックしてあげて下さい。

人と違い、ワンちゃんの爪には
爪の中央に血管と神経が通っています。

なので深爪しやすく、出血すると当然ワンちゃんも痛いです絵文字
あまり痛い思いをすると、爪切りが恐くなり
別の場所でも爪切りを嫌がってしまうことにつながります。
慎重に、手早く済ませてあげましょう!

ご自宅での爪切りは、下図の左上のイラストを参考にしてみてください。
トリミングでは、右下のイラストの様に爪切りの角度を変えながら
ギリギリかつスッキリとカットさせていただいています。
画像

初めは動物病院やトリミングを利用して
爪切りしてもらう事がおすすめです。

あすなろ動物病院では、トリマーによる爪切りにも対応しています。
(当日予約も可。午前中の早めのお時間にお電話ください)
爪切りのアドバイスもさせていただきます。
ぜひご相談ください!

川上

皆さんこんにちは!
動物看護師の市川です絵文字

空が高くなり季節は秋めいてきましたね!

画像ど~も~
暑くて横着な水の飲み方をするりんごちゃんの姿も見納め


さてさて。
皆さんは「遺伝」と聞くと何を思い出しますか?

「この鼻の形はお父さんそっくり」
「耳の形がお母さんと同じだ」
とかでしょうか?
我が家の子ども達も「誰がどう見ても私たち親子ね絵文字」っていうくらい顔が似ています(笑)
遺伝とは簡単に言うと、子どもが親から受け継ぐ「特徴」みたいなものでしょうか。

今回はそんな「遺伝」に関わる病気のお話です。

遺伝子に変異が起きて引き起こされる病気を「遺伝性疾患」と呼びます。
変異した遺伝子は親から子へ引き継がれることによって、病気も引き継がれていきます。
日本は世界でも目立って遺伝性疾患の犬が多いと言われています。
例えば進行性網膜萎縮症、この病気は網膜が進行性に変性萎縮する遺伝病です。
夜間や暗い所で目が見えにくくなり、物につまづいたりぶつかったりするようになります。
進行すると昼間でも見えにくくなり、最終的には視力を失います。
プードルダックスに多い遺伝病です。

大型犬でよくみられるのは股関節形成不全症
生まれつき股関節のくぼみが浅く、大腿骨が関節内にきちんと納まりません。
後ろ足が不安定になるので散歩の途中で座り込んでしまったり、跛行がみられます。

潜在精巣(陰睾)も遺伝病のひとつです。
病院で検診の際に気づいたという飼い主さんも多いです。
画像
正面右が陰睾です。少し小さいのがわかりますか?

わんちゃんでもねこちゃんでも男の子は生まれたばかりの時は、精巣は腹腔内に入っていて成長するにつれて睾丸の袋の中に落ちてきます。
ですが、成熟の時期に達しても下降していない場合、潜在精巣とよびます。
精巣にとって腹腔内は温度が高すぎて精子をうまく作ることができなかったり、異常な高温環境では精巣腫瘍の発生を高めるという報告があります。
高齢犬の潜在精巣では腫瘍の発生率が10%以上とも言われています。

なぜこのような遺伝性疾患が多いのでしょうか絵文字
日本では特定の犬種に人気が集中したり、珍しい毛色の子たちが好まれたりします。
本来、変異遺伝子を持っている子たちの交配は避けなければなりません。
ですが、動物の健康や生活の質よりも需要優先の繁殖を続けた結果、遺伝病で苦しむ動物たちが増えたのです。

今、「空前の猫ブーム」などと言われていますが、ブームの陰でわんちゃん同様に遺伝性疾患を抱えたねこちゃんも増えつつあります。
売れるからという理由で偏った繁殖を続けることも、「可愛いから」という理由だけで衝動的に動物を買うことも「ペットブーム」の在り方を見直して欲しいと切に願うこの頃です絵文字

次の5件 >>